計画敷地は、高台にある壇上なった新しい造成地の一角で、形状は13m*11.8mと正方形に近い。南側隣地から1.5m、東側隣地か1.0m低く、西側、北側は6m道路に接道している。北側道路から擁壁(既存地盤面)は、1.5mの高低差があり角地であるが、いわゆる北向き敷地である。
 
「前面道路と地盤面との1.5mの高低差、建ぺい率の角地緩(10%)を最大限に活用すること」と「陽射しの射し込みにくい敷地での計画の提案」を出発点としている。日照・通風を確保するために、南側隣地の建物をかわし可能な限り西側道路にボリューム寄せて配置している。さらに、この2層(1F,2Fの分)で容積率が最大となるのボリュームを建ぺい率が最大になるまで、2階部分をスライドさせている。そこに生じたずれを内部では吹抜け空間に、外部では駐車スペースの庇として利用している。この天空光で明るい吹き抜け空間に各部屋が面するように計画し、明るさ・通風・空間の広がりを確保している。また、1.5mの高低差を利用し、半地下スペースを差し込むことにより、フロアレベルの1.5mスキップが変化に富んだ空間を生み出している。プラン構成は、玄関から水周り(コア)を中心として、回遊するように計画し、緩やかに空間が繋がっている。回遊する程、プライベート性の高い空間となる。



Designerhouse














cstang 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()